Convalmore
蒸留所はクレイゲラヒとダフタウンを結ぶA941に面している。1894年にコンバルモア・グレンリベット社によって建てられた。幾度か経営者が変わり1909年には火災のため焼失した。その後再建されたが1985年に閉鎖され設備は完全に撤去された。現在はウィリアム・グラント&サンズ社の熟成庫となっている。コンバル・ヒルを背景に美しいキルンのパコダの傷みも増し、屋根に書かれた「コンバルモア」の文字も年々薄らいでいる。
COPYRIGHT©2004 Pub Mahorobi. All rights reserved.